1. 発表者の資格

著者のうち1名は本学会の会員であって、本年度の会費を納入していること。

2. 発表内容

デジタル教科書・教材に関わる学術的な研究、授業実践等を中心としながら、例年、幅広い内容で発表が行われている。発表内容例を下に示す。また、研究者や実践者の立場からの発表だけでなく、企業等による発表も歓迎する。

  • デジタル教科書・教材の開発
  • デジタル教科書・教材の活用動向や課題(著作権,インターフェース等)
  • デジタル教科書・教材を活用した学習,授業実践
  • ICTやネットワークを活用した学習,授業実践
  • 情報機器の設置やネットワーク環境の構築

3. 発表区分

(1)口頭発表(1日目15:30~16:50,2日目10:00~12:00の予定)

  • 研究発表と実践発表のどちらかを選択して申し込む。
  • 研究発表も実践発表も、発表1件につき、発表15分・質疑応答5分の計20分(発表者の交代時間等も含む)とする。

(2)ポスターセッション(2日目10:00~11:00の予定)

  • ポスターセッションの時間帯は、ポスター前で説明や討論を行う。

4. 申し込み日程

(1)申込み締め切り
平成27年7月20日

(2)発表の採否決定
平成27年7月20日まで(7月11日以降の申込みの場合,7月22日まで)
※採否については大会事務局からメールで連絡

(3)発表原稿の締め切り
平成27年7月20日
※採択された発表については、その発表原稿を7月31日までに大会事務局に提出することになる。原稿の書式等を含めた詳細はこちらをご確認ください。

5. 申込み方法

下の内容をメールでoffice2015@js-dt.jpに申し込む。

  • 所属、氏名(筆頭者)
  • 所属、氏名(筆頭者以外)
  • タイトル
  • 発表区分(研究発表 / 実践発表 / ポスターセッション)
  • 400字程度の要旨・概要

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL